忍者ブログ

栗鼠のしっぽ

ゆる~~~~いトイカメ写真と忘備録

Home > 読んだ本 > 食堂かたつむり

食堂かたつむり

 







食堂かたつむり

小川 糸 著

ポプラ文庫




映画にもなっているのでご存知の方も多いと思うのですが


いまさら…読んでみました。


あらすじは知っていましたが

読むのは初めて。



一言で言えば

あっけにとられた!!


彼氏が家財道具を全部持ち去ったのを
何故に警察に届け出ないのか?

から・・・・・

はじまり

糠床持って高速バスって
まわりから臭いの苦情が来なかったのか?


どうして坊主状態まで髪を切り

可愛がっていたブタを食すという行為までの


ありとあらゆるところに?がいっぱい


小説だから

何でも有だし

リアルじゃないんだから


たぶん  これはコレでいいのだろうと思う。

いろんな意味でのおとぎ話なのだと?



最後はハッピーエンド?なのだと





食紹介としても読めるのだろうけど

田舎在住故

ザクロの入ったカレーとか

血のソーセージとか・・・・


聞いたことも

見たこともない


レシピ本も出てるのだけれど

コレを食べて幸せになれるか・・・と言われれば

ごめんなさい。というしかない



とにかく不思議な物語だと。


でも・・・・

これは友人にも勧めて
読んでもらいたいと。


ひさびさに誰かの感想が欲しいなぁ・・・と。












PR
0 Responses
  • お名前
  • タイトル
  • メールアドレス
  • URL
  • パスワード

フリーエリア

P R

フリーエリア