忍者ブログ

栗鼠のしっぽ

ゆる~~~~いトイカメ写真と忘備録

Home > 読んだ本 > 死ぬ気まんまん 佐野洋子著

死ぬ気まんまん 佐野洋子著









前回、図書館で借りた「読まされ図書室」で気になった本


佐野洋子さんと言えば「100万回生きたねこ」

絵本作家だと思っていた。

ガンでお亡くなりになったことまでは全く知らなかった。




読んでみて思ったのは

やっぱりすぐには死ねないんだということ

余命宣告されても

そんな簡単に予定通りにお迎えが来るわけではない


で・・・・

やっぱり~~~~~

痛くて

辛いんだと。


まったく悲壮感もなく書かれてることがむしろ哀しい。







死ぬ気満々というわけでもないし

まだ どこか他人事感が有るけど・・・・


人生50年を過ぎて

意識しないわけにはいかない『死』



私はこんなふうに受け入れられるのかなぁ~~~~と?









今日は震災4年を前にして

TV局はこぞって その特集をしているけれど

どうも人ごとにしか聞こえてこない。

がんばってね
応援してるよ


だったら…
ここに住んで
ここで暮らして

言葉だけは・・・・イラナインだけどなぁ~~~~



近所の車のステッカー

『よみがえれ福島!!』

いや・・・・滅びてないし~~~と。



これで寄り添ってるって言われても・・・・・ねぇ?

全国的にはそう思われてるのかなぁ・・・・・































PR
0 Responses
  • お名前
  • タイトル
  • メールアドレス
  • URL
  • パスワード

フリーエリア

P R

フリーエリア